聖職者

2010年03月26日

1 名前: ビーカー(東京都) 投稿日:2010/03/23(火) 18:09:23.98 ID:4BSfBQoH BE:397441049-PLT(13780) ポイント特典

sssp://img.2ch.net/ico/anime_giko11.gif
子供を虐待したカトリック聖職者、新たに6人判明 ドイツ
ベルリン(CNN) ドイツ南部レーゲンスブルクのカトリック教区は22日、
子供への性的暴行など虐待の過去があった神父4人、修道女2人を確認したと発表した。
これまでに、7人が被害を受けたと主張している。教会区は警察と協力し、
暴行事件6件のうち2件で、使用当局に判断を委ねている。
判明した暴行6件のうち5件は1970年代、残る1件は84年に発生していた。
暴行に関わった聖職者6人は全員、現在も存命中。
ドイツでは今年になってから、カトリック教会の聖職者に過去、暴行を受けたとの
告発が相次ぎ、これまでに300人以上が被害を訴えている。
虐待は子供時代に受けており、性的なものから平手打ちといったものまで
報告されている。
ドイツは現ローマ法王ベネディクト16世の出身地。法王は20日、
聖職者による性的虐待が明るみに出たアイルランドの信者に向けて、
謝罪親書を送付している。
しかし、欧州各国や米国、南米など、聖職者による子供への性的虐待が
明らかになった教区に対しては、謝罪文を出していない。
http://www.cnn.co.jp/world/CNN201003230019.html

15 名前: 和紙(京都府) 投稿日:2010/03/23(火) 18:11:33.43 ID:gVXGL5N1

別にいいけど逆レイプっておかしくね?
レイプはレイプじゃね?
逆セクハラも

19 名前: 回折格子(長屋) 投稿日:2010/03/23(火) 18:11:53.31 ID:2Ibq31td

どうせばばあなんだろ?
若くてきれいであらあらうふふな修道女なんていないんだろ?

続きを読む

エロいニュース at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月25日

1 名前: フェルトペン(関東地方) 投稿日:2010/03/22(月) 12:56:19.16 ID:9oAX/yM9 BE:1747170869-PLT(12000) ポイント特典

sssp://img.2ch.net/ico/gomi1.gif
ローマ法王ベネディクト16世は20日、アイルランドの聖職者が長年にわたって神学校(男子のみ)の
生徒や男子信者らを性的に虐待していたことについて、「被害者が受けた苦痛を本当に申し訳なく思う」と
謝罪する書簡を発表した。
アイルランド政府が昨年11月に公表した報告書で、聖職者による子供への性的虐待が1970年代から行われ、
教会はその事実を知りながら90年代半ばまで組織的に隠していたことが明らかになっていた。

法王はアイルランドの信者に向けた書簡の中で「聖職者が犯した罪に衝撃と裏切りを感じた」と厳しく非難。
虐待をしていた聖職者や隠蔽(いんぺい)工作に走った教会トップらに対して「神の前と法廷で答えなければならない」とした。
聖職者による性的虐待は、法王がドイツ南部ミュンヘン司教区の大司教だった80年にも教区内で少年が
被害に遭ったほか、法王の兄が指揮を務めたバイエルン・レーゲンスブルクの聖歌隊での疑惑も浮上。
メルケル独首相が教会に真相究明を求めている。スイスやオランダ、オーストリアでも疑惑が表面化し、
世界のカトリック信者に衝撃を与えると同時に、法王批判が高まっていた。今回の謝罪は、こうした事態の
沈静化を狙ったものでもあるようだ。

カトリック教会では聖職者の妻帯が認められていないことから、一部の司教からは独身制が性的虐待の背景に
あるとして改革を求める声が出ている。小児性愛者が聖職者を志望するケースもある。
ただ欧州では熱心な信者が減り、聖職志望者も減少している。神学生の数は欧州全体で約1万4千人(07年)と、
10年で半減。神学校での選考を厳しくすると、聖職者不足に陥るジレンマを抱えている。
http://www.asahi.com/international/update/0322/TKY201003210280.html

4 名前: クッキングヒーター(長屋) 投稿日:2010/03/22(月) 12:58:04.86 ID:PIL9WORk

聖職者は全員ホモ
ソースはサウスパーク

16 名前: レーザー(沖縄県) 投稿日:2010/03/22(月) 13:15:02.02 ID:W9JlVOzm

ケツマンコガンガン突きたいとは特に思わないけどちんこはしゃぶってみたい

続きを読む

エロいニュース at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索