慰謝料

2010年12月29日

1 :影の軍団ρ ★:2010/12/26(日) 19:10:41 ID:???0
人口構成の急激な変化に伴って起きる「2020/30年問題」。元厚生労働事務次官の辻哲夫東大教授は、
医療や介護など従来の仕組みを思い切って見直さなければ、「どの国も経験したことのない
高齢者の急増が大都市圏を津波のようにのみ込み、お手上げ状態になりかねない」と指摘する。

「2020年問題」は団塊世代の高齢化と「多死時代」の到来だ。20年代、団塊世代は後期高齢者になる。
国立社会保障・人口問題研究所の推計では、毎年の死亡数は150万人台に達し、出生数の2倍になる。
高齢化率は30%を超す。

「2030年問題」は未婚や離別、死別による単身世帯の急増によって起きる。
特に単身化が進むのは、その時期に中高年となる団塊ジュニア前後の男性だ。

60代で見ると、05年に10%だった一人暮らしの割合は30年に25%に。
女性も50、60代で単身化が進む。男女合わせた全世帯で一人暮らしは4割に迫る。

背景にあるのは未婚率の上昇だ。30年の時点で生涯未婚率は男性は3割に、
女性で2割を超えるとされる。1990年生まれの女性の場合、3分の1以上が子を持たず、半数が孫を持たない計算だ。

地方で先行する少子高齢化問題と異なるのは、団塊・団塊ジュニアという人口の塊が高齢化・単身化することだ。
極めて多くの中高年の単身者が、都市部にあふれる時代が来る。人口研の金子隆一・人口動向研究部長は
「ぬるま湯がじわじわ熱くなっているのに、目に見えて何かが起きないと危機感が広がらない」と警鐘を鳴らす。
http://www.asahi.com/national/update/1226/TKY201012260228.html
http://www.asahi.com/national/update/1226/images/TKY201012260230.jpg
4 :名無しさん@十一周年:2010/12/26(日) 19:14:36 ID:/nd/co/w0
男性の1割が2度結婚するという計算かよ!
12 :名無しさん@十一周年:2010/12/26(日) 19:18:16 ID:cpSCEkOW0
43歳医師ブサメン既婚身長150cm頭髪僅少ですが結婚しました^^
続きを読む

エロいニュース at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月20日

1 :影の軍団ρ ★:2010/12/12(日) 10:08:59 ID:???0
3000人の人妻に調査したところによると、「夫とのセックスと不倫相手とのセックスは
どちらが頻度が高いですか?」という問いに対して、「夫」が34.8%だったのに対し、
「不倫相手」が42.1%と上回る。

さらに、7割超(1438人)いる不倫経験のない人妻にも、「不倫願望」について聞いてみた。
大半の主婦は「不倫など想像もできない」(52歳・専業主婦)と保守的だが、
約15%は「不倫願望がある」と答える「不倫予備軍」であることが判明した。

不倫願望があっても実行に踏み切らないのは、決して夫や子供への遠慮からではないらしい。
「適当な相手がいない」という理由が半数近く(45.8%)を占めている。

「ちょっとでもカッコいい人から誘われたら絶対断わらないと思う」(41歳・主婦)
男性からのアプローチを待っている人妻は多いのである。
http://www.news-postseven.com/archives/20101212_7616.html
11 :名無しさん@十一周年:2010/12/12(日) 10:13:29 ID:1ooqLc/3P
ソース週刊ポストかよ!
まだこんな007の主人公みたいなノーテンキな記事で
読者がついてくると思ってんのかよw
31 :名無しさん@十一周年:2010/12/12(日) 10:22:49 ID:8iDx5kEkO
自らも肉便器宣言するって、やはり女は頭弱いな。
「自分は違う」
って、ここに書き込んでいる鬼女も同類。
続きを読む

エロいニュース at 11:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月01日

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/11/30(火) 19:33:32 ID:???0
・「5年以上、不倫続けてます。32歳という自分の年齢を考えると、関係を終わらせて
結婚相手となり得る人を探すのがいいのだろうけれど、『今がよければ…』という
思いが強くずるずると…。好きだから離れられないんだもん」(編集部宛のメールより)

奈々さんには今、付き合い始めて5年になる、妻子ある男性がいる。新卒で入社した会社の
同じ部署で働く先輩で、年齢は10歳上。第一印象は正直、あまりよく覚えていない。結婚して
2人の子どもがいることも知っていたし、当時は奈々さんも遠距離恋愛中だったから、
恋愛関係になろうとは想像もしていなかった。

そんな彼との関係が始まったのは、入社3年目のこと。後輩の指導について悩んだとき、
相談に乗ってくれたのが彼だった。
相談ごとがない日も頻繁に飲みに行くようになり、二人の距離は急速に縮まった。
ある日、二人で飲んでいて気付いたら彼の終電の時間を過ぎていた。「タクシー代が
もったいないから、会社のソファで寝る」と彼。「それじゃ寝心地が悪いから、うちで休んだら」
そのひと言が、彼が奈々さんの家に通い始めるきっかけとなった。その日から今に至るまで、
二人は週に1、2回、奈々さんの家で会い続けている。彼と付き合い始めて半年で、
遠距離恋愛に終止符を打った。今、彼は奈々さんにとって、唯一の「好きな人」だ。

「この先、どうなっていくんだろう。35歳になっても今のままかもしれない。そんなふうに考えると、怖い」
「誰でもいいから、結婚したい」。最近、ふとそんな気持ちになることがある。この不安や
焦りから解放されたい。
彼と付き合っている限り、彼と他の男性を比較してしまうことも、結婚の可能性が遠ざかる
ことも知っている。でも別れられない。
この先、どうなるんだろう。結婚、出産したいのなら、今のうちに別れるべきだろう。
でも、どうしようもない。終わりしかない恋でも、一生彼の一番になれなくても、
今はどうしても、彼が好きだから。(抜粋)
「不倫をしたことがある…Yes29.1%」
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20101126/252935/
7 :名無しさん@十一周年:2010/11/30(火) 19:35:50 ID:/1C26RGj0
哀れな童貞はいっぱい余ってるのに相手にしないで
何人も相手にしてるモテ男にはしったツケ
一生後悔しろ!!!
9 :名無しさん@十一周年:2010/11/30(火) 19:36:53 ID:J+6wDiu10
身辺調査とDNA鑑定必須
特に後者は絶対にしないとだめだ
続きを読む

エロいニュース at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索